東京食物会議

美味しいものは「美味しいもの仲間」と食べてこそ。
これこそ極上の幸せ。
<< 大衆割烹 えびす | main | クリスマス報告 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
あけました!
とっくにあけてしまいましたが、おめでとうございます。
去年もバタバタしながらもおいしいものは沢山食べました。
でももっと貪欲に!という2007年最初の叫びであります。

今年はもっとイベントしましょうね、東食会。

皆さんはどんなお正月でしたか?
私は久々に関西の実家で過ごしました。
見事なまでの寝正月っぷり。

そんなわけで、お正月の食い倒れ報告をば。



我が家のお雑煮。
元旦の朝のみ、カツオでとった出汁に白味噌のお雑煮を食べます。
具は丸餅(丸くないとだめらしい)を茹でたもの(焼いたのじゃだめらしい)と
祝大根(雑煮大根とも)のみ。
つまり、“真っ白”。

関西風、だと思うのですが、他のお宅のお雑煮を知らないので、何が正しいのやら。
地方によって具や味付けが全く違うというお雑煮。
九州では魚が入っているだとか、赤味噌仕立てのところもあるとか。
皆で“ご当地雑煮”を持ち寄ったら楽しいかもしれませんね。



ちなみにこちらが元旦の朝以外の我が家のお雑煮。(ちょっと濁っちゃってますが。。)
具は鶏肉・大根・京人参・おもち(これは焼いたもの)。
そこへ予め茹でておいた水菜をどっさり載せていただきます。

でもっておせち。
私が生まれる前から去年までは親族15〜20人くらいで集まっていたお正月。
今年からは各家庭で、ということになり、かなり手抜きな感じであります。
とはいえ、やっぱり作ってしまうのがおせち。

元旦の朝になってからお重に詰め始めたため、食べ始めたのはほぼお昼でしたが。





そんなわけで、適当おせち。
作ったものや、買ってきたものをドカドカと。
センスがなくてすみません。


そんなおせちにも早速飽きて、元旦夜はおせち&水餃子という組み合わせ。
さらに2日の夜にはおせち&お好み焼きというびっくりな組み合わせ。
そして、最終日の3日の夜はおせち&すき焼きというメニュー。







関西の牛肉は美味しいでっせー。
そして京都で買ってきた巨大な麩とさらには胡麻の生麩も。
肉厚椎茸がめちゃウマでした。

とりあえず不思議な組み合わせにとっても満たされた三賀日でありました。
| 会長 | | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:24 | - | - |










一番上へ