東京食物会議

美味しいものは「美味しいもの仲間」と食べてこそ。
これこそ極上の幸せ。
<< 塩漬け豚 | main | 有機の日々。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
和味 凛
副理事ファミリーが遅ればせながらの誕生日祝いにご馳走してくれる、ということで『和味 凛』さんへ。
築地を通さず、産地直送のものを仕入れてる店です。
メニューを開き一番最初に驚いたのが、はも料理の多さ!はも大好き人間としては夢のよう。
鱧の天麩羅・煮付け・白焼・椀などなど、なかなか東京じゃあここまで見たことない。
白焼きの香ばしさ、お椀に入っていた葛でくるんだ鱧まんじゅう、上品な煮付け、あー今思い出してもうっとりです。

鱧だけでなく、ただの(といってはなんだけど)ししゃもを焼いたのが、人生最高のししゃも。
あーんな香ばしく、太って、なおかつ上品なししゃも初めてでした。
ホヤの塩辛もまた絶品。これも今までで最高。
その後も生の鳥貝やイサキのおいしさにうっとりし、湯葉とうなぎのミルフィーユを家族で奪い合い、嬉しいことにお浸しなど野菜料理もなっかなかおいしいのです。



そしてメインディッシュには、副理事兄があらかじめ頼んでてくれた、この岩牡蠣が1人1個ふるまわれました。
手のひらを軽く超えるサイズ、わざわざ柳井から取り寄せたものだそう。
岩牡蠣はもう旬じゃないだろう。。と思いながら食べたら!
もう、わたしが間違っておりました。
日本は広い。長い。まだおいしい牡蠣はあるとこにはあるのですね。涙。

日本酒の品揃えもよく、叔母や従妹も含めて7人で何合頼んだことか。焼酎もおいしかったなあ(でもワインは、頼まないほうがよろしいです。惜しい)。
締めにはもずくやカニ、すっぽんの各雑炊、いくらの小丼などを頼み、もう言うことはありません。
それにしてもよく食べたなあ、さすが食い意地がはった一族。

オープンして1年たってないようですが、常連の副理事兄によると平日でも予約をしないと入れないらしい。
新宿でこじんまりとして落ち着いた店で、しっとりとおいしいものを。
という時にお薦めの店、見つけましたぞ。

| 副理事 | お店 | 00:39 | comments(4) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:39 | - | - |
うわ〜〜ただちに惹かれました!!
ししゃも、おいしそうだな〜〜

| ぬいぬい。 | 2006/06/10 10:18 AM |

新宿にこんな店があるというのも、貴重でうれしい情報ですね。行ってみたいー。
| コロッケ | 2006/06/10 12:33 PM |

これは行かねばね〜。

ちなみに私は子供時代、スーパーで座り込んで駄々をこね、母にキレられたことがあります。
お菓子売り場ではなく、ししゃもの前で。

ししゃも、大好きなのです。。
「ししゃも買って〜」と泣き叫んでいたあの頃から。
| 会長 | 2006/06/11 11:35 PM |

ぬいぬいさま、コロッケさま、ぜひ!
年齢層も30代〜50代中心で、落ち着ける店でした。
ほんとししゃもはおいしかったよ、会長。
「お前好きだろ?誕生日だからもう1本食べていいよ」と言われた時には、思わずなみだ目。
兄を見る目がちょっと(だいぶ?)変わりました。
| 副理事 | 2006/06/13 4:09 AM |










生麩まんじゅう
開店以来10年余り、この生麸まんじゅうを看板にきました。お菓子の種類をあまり持たずに、難しいといわれる生麸まんじゅうに取り組み、今や生麸まんじゅうが京都でも人気の高いお菓子になりつつあります。生麩独特の食感はお餅ではだせないモチモチ♪が魅力的(・ω・)
| 和菓子パラダイス | 2007/11/05 2:14 PM |

一番上へ