東京食物会議

美味しいものは「美味しいもの仲間」と食べてこそ。
これこそ極上の幸せ。
<< ビバ北海道!その1:旭川の馬場ホルモン | main | ビバ北海道!その3:絶品蕎麦屋と秘密のヌードル >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ビバ北海道!その2:摘草料理「美山荘」
そして行ってきましたよ。ウィンザーホテル洞爺。。
朝から晩まで山のように繊細で豪華な料理を食べ続けました。
大して動いていないのに。えぇ太りましたとも。

1泊目の夜は、京都から門外不出、といわれた摘草料理の名店「美山荘」へ。
摘草料理とは、その地でしか採れない、とりたての新鮮な素材をつかってもてなす懐石です。
うっかり写真を忘れたのが悔やまれます。それくらい美味しかった。。

採れたての野菜や魚のを出す店は東京にも数々あるけど、素材の選択はもちろん、下処理や出汁の手間などなど、見えない部分の努力がこの店は段違いに違うんだと思います。
とてもシンプルなのに、驚くほど美味しい。体中に静かな感動。
特に山菜が一番豊かな季節だったので、摘草料理のよさは心底味わえたと思います。

一献  摘み草
汁   白味噌仕立て 白味噌の濃厚な出汁の中に御餅が。。
向付  真ソイ 粒貝 
御凌ぎ 山菜飯蒸し
煮物椀 焼あいなめ 春椎茸 
焼き物 桜鱒 木の芽焼き  
炊合せ 蝦夷あわび・紅丸(黄色いじゃがいも)・いたどり
御菜  あずき菜キウイ酢…
御飯  芹と蛤御飯 香物
水物  びわ 葛プリン
お菓子 よもぎ餅 お薄

摘み草の一品一品の繊細さ、ぷりぷりの粒貝、ポタージュのようなとろりとした白味噌椀・炊き合わせのいたどりと鮑・濃厚なじゃがいも、シンプルながらあんなに美味しい桜鱒…。
全てが丁寧で繊細、でもシンプル。
はい、それはそれは美味しかったです。
美味しいな、と思うと真似したくなりますが、この店の味は真似できない。
京都の本店にいつか行って見たくてたまりません。
もちろん、山菜のおいしい季節に。。
| 東京食物会議 | お店 | 13:34 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 13:34 | - | - |
私も去年の夏行きましたが、本当においしいですよね〜。
本当に「夢ホテル」でしたよ。

京都の本店、ぜひ行きましょう。
すごい山の中にあるんですよね、確か。
「摘み草料理」の名の通り。
| 会長 | 2005/06/09 12:20 PM |











一番上へ