東京食物会議

美味しいものは「美味しいもの仲間」と食べてこそ。
これこそ極上の幸せ。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
クリスマス報告
ものすごーく今更ですが。

2006年も何とか開いたクリスマス会。
すでに私のライフワークと化しているチキンの丸焼きを今回も作りました。

記録速記部長ご持参のピンク・シャンパンでまずは乾杯!


りんごとブーリチーズ。
これまでのクリスマスケーキに刺さっていたサンタ達がいい感じ。
今年のもキープしてあります。


ぬいぬい部長お手製の豆腐マリネのサラダ
&これも恒例のミネストローネ。


ぬいぬい部長作のイワシのリエット。
野菜スティックにつけていただきました!


生クリームから作った自家製バターのガーリックブレッド。
これもスペシャルなお味です。


そしてチキン様。お腹にはマッシュルームとごはんが詰まってます。
今年はいつも以上にレモンが効いていたかな?
褒めていただけてよかったです。


そしてラテールのクリスマスケーキ!
モンブラン風で、横にくっついていたホワイトチョコや、キノコの形のメレンゲまで、
全部美味しかった〜。

また今年も焼きまする!
| 会長 | イベント | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
カレーの会・報告
すっかり遅くなってしまいましたが、先日の「カレーの会」のご報告を。
久々の集まり。計6名で、それぞれの自慢のカレーを味わいました。

各自が自宅で作ってきたカレーが1品ずつ温められて登場しました。
以下、出てきた順。
(名前は私が勝手にネーミングしてます。悪しからず。←訂正受付中…)

会長のミント風味カレー

私こと会長の「ミント風味のチキントマトカレー」
単に一番最初に温められただけなのですが、こんな色モノがトップバッターに。。
皆さん「ん??」と言った後、「あ、ミントだ」と。
私は味見のし過ぎでわからなくなってましたが、他のカレーを食べた後に再度食べると、
「あ、ミント」でした。

タダキ氏のキーマカレー

今回初参加のタダキ氏の「キーマカレー」
後味豊かなキーマカレー。隠し味にしょうゆを使っているとか。
しいたけの食感が新鮮でした。
しつこくおかわりしてしまう美味しさでした。

○○漬け(秋田の)

副理事が出してくれたオクラや山芋を漬けたもの。
粕漬けでもなくて・・・忘れちゃいましたが、秋田のものだとか。
(情報お願いします、副理事)

ぬいぬい部長のマレーシア風ココナツカレー

ぬいぬい部長作「マレーシア風・チキンココナツカレー」
ココナツ・フレークのシャリッとした食感がたまらない、南国カレー。
決め手はエビミソとタマリンドだとか。
ココナツの甘さとスパイスの辛さがこれまた絶妙でした。

コロッケ隊長のチキンとナスのトマトカレー

コロッケ隊長の「チキンとナスのトマトカレー」
チキンとナスがゴロンゴロンと入っている、正しく・そして美味しいカレー。
全ての旨みを吸い込んだナスが忘れられない味でした。

会長のサブジ

会長作の「色々野菜のサブジ」
とにかく色んな種類の野菜を炒めて蒸したもの。もちろんインド味。
カボチャとサツマイモがたっぷりだったので、インド風カボチャサラダ?

副理事のトラ豆カレー

副理事の「豆カレー」
豆カレー=ひよこ豆、という図式(←私だけですか?)を破る、にくい一品。
これまた存在感のあるゴロゴロ感。
クセがなくて優しいお豆とスパイスの効き具合が、これまた美味しい!
手前にちらりと写っている「コリアンダーライス」が絶品でしたね。

板長のサグカレー

最後の一品。板長の「サグカレー」
ホウレン草のペーストで出来たカレー。
白いのはパニールならぬカッテージチーズ。ま、ほぼ同じですもんね。
とっても“大人なサグカレー”でありました。
食べるごとに深みが増す、といいますか。

長々と書きましたが、とにかく素晴らしく美味しい思いをした夜でした。
いや、よく食べましたね。
お土産にもらっていったカレー達が、やっぱり美味しくって。
いい仲間がいて幸せです。

次はボジョレの解禁日に!!
| 会長 | イベント | 00:47 | comments(3) | trackbacks(3) |
カレーの会
一体いつ以来の集まりやら?(もしかしてボジョレ以来??)
今週土曜日に各自がご自慢のカレーを持ち寄って食べまくる、
という「カレーの会」を開催したいと思います。

日時:10月14日(土曜日)・17時集合
場所:副理事+板長宅
内容:各自がご自慢のカレーを持参します。
   全員分を食べるので、1人辺り2〜4人前も用意すれば十分なはず。
   ドリンクも各自持参。
   ごはんは白米は会場が用意してくださるそうですが、
   それ以外(タイ米だのナンだのチャパティーだの)は
   これまた各自で用意すること。
会費:お米他、実費を人数で割ります。500円以下?

重複するといけないので、持参するカレーをコメントで書き込んでください。

それでは!!
カレーな日にいたしましょう。
| 会長 | イベント | 00:54 | comments(7) | trackbacks(0) |
晴れの日に
鴨です。ご無沙汰している間も、たくさんの美味しいものを堪能しとりました。その中でも心に残るのは、大切な従妹の披露宴の料理。
会場は鴨が5年にわたるモラトリアムを謳歌した街・目白にある明日館。F.Lライトの設計で2×4構法の先駆的建築で・・・。まあ建築のことは別の機会にしておいて、話を料理に戻しましょう。
内容はコルドン・ブルーのケータリングによる懐石風フレンチ。



左:鴨肉とフォアグラのパイ包み ナッツのカラメリゼ添え             右:鮮魚のミキュイ紅茶風味のタルティーヌ

左:赤座海老と白身魚のナージュサフラン風味オシェトラキャビア添え    右:牛サーロイン肉と旬野菜のコンポジション ゴボウとバルサミコのソース  
いきなりの共喰いから始まり、手長エビまでたどり着いたら、ハーブティのジュレで一旦口直し。ここで新郎新婦のケーキ入刀を見守る。いわゆる夫婦最初の共同作業が無事完了するのを見届けたら、メインの山形牛のステーキが絶妙なタイミング、申し分ない焼き加減で供される。ゴボウのフリットが香ばしく、肉の旨みを更に引き立てる。そして、鯛めしとハマグリのお吸い物のおめでたい取り合わせで締めて、食堂から式を行ったホールへ移動する。と、そこには切り分けられたケーキとシャーベットが用意されていて、コーヒーを飲みながら挙式前に収録した参列者から二人へのメッセージを鑑賞するという趣向。

それと知ってたら、もっとまともなコメントを残しただろうにと憾んでも後の祭りだ。ともかくも、この日の何よりのご馳走は、幸せそうな二人と彼らを祝福する人たちの良い笑顔だろう。素敵な場所、美味しい料理、愛すべき人々。三拍子そろった最高の一日だった。
そして、会長、次は頼みますよ。盛大で美味しい祝宴期待してますから。
| 鴨課長 | イベント | 22:38 | comments(7) | trackbacks(1) |

一番上へ